• ホーム
  • バストが垂れる原因と年齢

バストが垂れる原因と年齢

いつぐらいからバストが崩れていくのか、気になりませんか。若い時はあまり気にならないために、ほとんど気をつけないでいるかもしれません。加齢によって急激に体型が変わってしまうので若い頃から意識して生活しましょう。加齢によって分泌されるエストロゲンの量が違います。女性ホルモンの一種で、エストロゲンがたくさん分泌されるとバストアップします。30代くらいまでは多く分泌されますが、40代後半くらいから急激に分泌が減少してしまい、バストのハリが失われるので垂れてしまうのです。エストロゲンの分泌が減少する30代から40代くらいから下垂を感じる人が多いでしょう。正しいサイズのブラジャーを使っていないとバストが揺れるために、クーパー靭帯が切れてしまいます。クーパー靭帯が切れないようにするためにも、正しいサイズのブラジャーを使ってください。加齢によって皮下脂肪が増えることで、バストを支えているクーパー靭帯が切れたり伸びたりしないようにしなくてはなりません。妊娠や出産によって急激に体型が変化すると、クーパー靭帯が切れてしまうので要注意です。出産による急激な体型の変化がありますので、その時の自分の体型に合っているブラジャーを身に付ける必要があります。妊娠したら、ブラジャーを変えるようにしましょう。

肥満によってバストに脂肪がたくさん付きすぎるのもよくありません。クーパー靭帯でバストを支えきれないと垂れてしまいます。肥満も良くないので適度なダイエットをして、下垂しないように気を付けなくてはなりません。生活習慣も直結しています。睡眠時間が少なかったり、質が悪い睡眠ではバストアップは望めません。良質な睡眠であればバストアップできます。体を冷やす生活習慣をしていませんか。冷え性になると、肌のハリがなくなります。血行が悪くなるので必要な栄養がバストに届かなくなるでしょう。姿勢が悪くても血行が悪くなるので避けてください。正しい姿勢の時とは血行が違います。普段から、正しい姿勢を心がけることも必要です。

若い時から以上のことを気を付けておかないと、若くてもバストが垂れる恐れがあります。肥満のために垂れてしまったり、出産の時に気を付けなくて体型が崩れたりしないようにしましょう。気を付けてさえいれば、下垂を予防することはできます。年齢を重ねても美乳を保てるかもしれません。生活習慣を見直したり、できる限りのことを若い時からやっておきましょう。