育乳ツボでバストアップ

魅力がある女性

手軽にバストアップするなら、育乳できるツボを押してみませんか。
お金もかかりませんし、今すぐにでも始めることができます。
乳腺が発達していることがポイントで、乳腺を発達させるためには女性ホルモンがポイントです。
女性ホルモンを活発にさせるツボを押してみてください。
特に、体温が上がって血流が良くなっているお風呂に入っている時に押すとより効果的です。
まずは育乳に良い壇中を押してみましょう。
壇中は左右の乳首を結んだ直線上の中央にあります。
押してみると痛いけど気持ちいいと感じるはずです。
指で3秒押して離すを繰り返してください。5回くらいで十分です。
壇中を押すと女性ホルモンが活発になります。
天溪は肌の乾燥に良いので、ハリのある胸が期待できます。
天溪は左右の乳首と同じ直線上にありますが、壇中とは違い、胸の両サイドにあるツボです。
ここも押してみると痛いけど気持ちいいと感じるでしょう。
両手を胸の下から持ち上げるようにして、壇中と天溪を両方とも押してみてください。
天溪は内側に向かって押します。
淵腋は乳首の10cm外側の脇の下の周辺にあります。
親指で左右同時に押してみましょう。
血流が良くなるツボなので、胸の周辺の血流が良くなります。
血流が良くなれば、胸に必要な栄養が行き届くようになるので、試してみませんか。
淵腋は姿勢を正す手助けもするので、体型が良く見えるようになるかもしれません。
母乳が出にくい人にも良い乳根は乳頭から指2本分下にあります。
3秒押して離すを5回くらい繰り返します。
女性ホルモンの分泌が活発になりますし、リンパの流れも良くなるでしょう。
乳根を押して、どんどん女性ホルモンを活発化させてみませんか。

注意したいこともあるので、ツボを押すときは気をつけてください。
食後やお酒を飲んだ後はやめましょう。
食後は胃に血液が集中していますし、お酒に入っているアルコールでツボを押しても効きにくくなります。
血行が良くなることで、お酒が回り酔いやすくなります。
妊娠中や体調が悪い時も控えた方が良いです。
お風呂の中でも良いですし、お風呂上がりのリラックスタイムに以上のツボを押してみるのも良いです。
無理をするのは良くないですし、以上の注意点を守って行ってください。
正しく行えば、バストアップも夢ではありません。
強すぎる必要はないので、自分で押してみて気持ちいいと感じるくらいの強さで加減してください。